2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    web拍手 ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 サッカーブログ totoへ 人気ブログランキングへ

    ほかのtoto予想ブログへ
--:--  |  スポンサー広告

2011.01.30 (Sun)

オーストラリア戦

ついに史上最多のアジア杯優勝4回を果たしたぞー
いやーオーストラリアとは相性が悪いだけにあまり良い予感はしなかった・・・

序盤、両チームとも抑え気味に入った感があった。
オーストラリアがロングボールで押し込むと
日本もショートパスで相手ゴールまで迫るといった両チームの特徴が出た。
しかし決勝という試合のためか決定的なところはやらせないという感じだった。

後半に入り、日本のベンチは予想以上に早く動いた。
藤本に変えて岩政を入れ、長友を2列目に上げる変則的な形にシフト。
今野が手を焼いていたケーヒルに岩政を付かせ、吉田がキューウェルを見るという
役割が明確になったことにより、押し込まれていた日本が流れ引き寄せた。

岩政や今野がマークを外し、川島との1対1の場面を作られたものの
川島がスーパーセーブを連発し、このピンチを救った。
しかしオーストラリアの決定力の低さに助けられた。

延長に入り、前田に変えた李が値千金の働きをした。
ヨルダン戦でチャンスを逃した李がこの決勝の舞台で素晴らしく
美しいボレーを決め日本が先制。

個人的には勝てると思っていなかったため興奮は最高潮だった。
決勝という舞台であの美しいゴールはあのジダン以来じゃないかとさえ感じる。

やっぱりこういう試合の解説は松木。いやセルジオだな~。
04年の時のアジアカップでも「やった、やった勝ったー」と普段の辛口からは
想像出来ないような興奮ぶりで意外と代表を愛していることが分かった。
しかし今回の延長の李の先制点の時もやっぱり叫んでいた・・・
「やったーやったー李だ、ほら李だろ」やっぱりこれがないとね・・・
BSの実況も見たけどこっちも叫んでいた。
あの我慢の展開なら解説も忘れるよなぁ・・・

どちらも実力が伯仲し、これぞアジアの頂点を決めるいい試合だった。
もちろん日本が勝ったからこそ言えることではあるが・・・

この優勝により2013年のコンフェデレーションズカップへの参加が決定。
もうすでに韓国戦での勝利により、3位以上が確定しているため
次回アジアカップへの予選は免除されている。
2010年の南アフリカの直前に行われたこの予選も準備という意味で問題があった。
この罰ゲームを回避しただけでなく、コンフェデという真剣勝負の場が増えたことも
今後の日本代表に向けては経験値で考えるとものすごい上澄みになると思われる。

今年の日本代表はまだ終わらない。楽しみな大会が7月にある。
今度はアジアカップ優勝チームとして南米選手権コパ・アメリカに乗り込む。
今回呼ばれていない新しいメンバーとの融合も楽しみである。

代表の出場給での選手会のゴタゴタや協会の甘い見通しによる準備不足など
アジアカップへはぶっつけ本番で挑んだチームが試合を通すごとに
成長、特に精神面で。最後にはチームスタッフ一丸となったつかんだ優勝。
いろいろあったが、まずはこの優勝を楽しもう。そして日本代表最高!!
    web拍手 ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 サッカーブログ totoへ 人気ブログランキングへ

    ほかのtoto予想ブログへ
07:00  |  日本代表  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://totobig102.blog20.fc2.com/tb.php/199-5b51a13a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。